今年のゴールデンウィークを振り返る その2

4/29 (祝・金)

AM 2:00 過ぎに起きて、お風呂入って荷造りをした。

東名も混んでるけども仕方ない。

東名厚木IC近辺も大渋滞

子供をたたき起こしてパンとジュースを食べさせた。これからどれぐらいクルマの中に監禁するか分からないので質素に済ませる。

AM 6:00 東京から出発。東名~新東名でひたすら西に向けて走り出す。

AM 6:00 家を出た。

東名まで向かう最中、環七を走っていたらBMW 5シリーズの個人タクシーを見かけた。めっちゃ格好良かった。

りくちゃさんは通夜の前に大学の講義を受けているらしい。
こっちは東名の渋滞の名所綾瀬や大和トンネルをサクッと走り抜けて、新東名の浜松を過ぎたあたり。

浜松いなさジャンクションまでは快走を続けていたが、長篠設楽原PA手前から渋滞でちっとも進まなくなる。
事故渋滞が起こる→渋滞末尾で追突事故が起こる→渋滞が伸びて末尾で追突事故が起こるが連発されている。渋滞の間に少なくとも4回追突事故をしているのを見かけた。

AM 10:30 長篠設楽原PAで一時休憩。まだ標準語圏にいる。

NEXCO中日本もだけど、自分もキレるわ💢こんなん。

昼頃に愛知~岐阜~滋賀を走っているときが一番暴風雨が酷かった。まるで台風の中を運転しているのかのよう。
こういう悪天候の時は、前に乗っていて、初代A型からD型に乗りかえるほどに気に入っていたスバルのレヴォーグの安心感を思い出す。あいつは天気が悪化して視界が狭くなって悪路になるほどなぜか走るのが楽しくなる不思議なクルマだった。

りくちゃさん、葬式の受付でキレてる 💢

中部を抜けるのに普通なら伊勢湾岸道を選ぶところが、交通集中で大渋滞をしているとETC 2.0の広域情報アナウンスが何度も入る。新東名から名二環を抜けて、新名神で避けることにした。

PM 2:00 滋賀の土山SAまでたどり着いた。

暴風雨の中でSAに駆け込む。滋賀まで来るとレジのお姉さんのしゃべり言葉が関西になったなとはっきり分かる。1杯の温かいきしめんを子供と分けて食べる。きしめんの平たい麺は全て子供が平らげた。

今晩のホテルの予約をスマホで探す。あと数時間で日が暮れる前にホテルに入って子供を寝かしつけなければ。とりあえずたどり着きそうなのは岡山か兵庫か大阪か……。「明石海峡大橋が見えます。鉄道も道路も瀬戸内海の開運も見れて、子供も大はしゃぎ。」の宣伝文句に釣られて某ホテルをポチる。
そこそこ良いグレードのホテルだが空いているのは素泊まりプラン。仮にレストランの夕食が付いていても子供2人を連れてドレスコード付きのところに連れて行くほどの心臓は持っていない。部屋でコンビニおにぎりで良いか。

きしめんの余ったほうれん草だけ食べたら、雨の中子供をチャイルドシートに乗せてドライブを再開した。

PM 6:00 我々下道ドライブ組が明石に着いたころ、

りくちゃさんは本葬儀を終えていた。

到着したホテルからの景色は確かにすごかった。暴風雨も終わって空も綺麗に晴れていた。

自然、水域、橋の画像のようです

フロントで大浴場の入浴券とレストランの食事券はいらないか?と尋ねられたが丁重に断った。疲れていたし、さすがに2人のおむつの付いた子供を連れて行くには腕の本数が足りないと思った。

この日の移動は 9時間42分、515kmになった。(Google Mapsのタイムライン機能による計測)

とりあえず明日もドライブなので寝よう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。