microk8sでダッシュボードを表示させる

microk8sでダッシュボード機能を有効化する

microk8s.enable dashboard

ダッシュボードに外部からの通信を転送(port-forward)するコマンドを実行する。

このときに、--address 0.0.0.0を指定して、他のマシンからもアクセス出来るようにして、コマンドの最後に & を付けてバックグラウンドで実行させておく。

microk8s.kubectl port-forward --address 0.0.0.0 -n kube-system service/kubernetes-dashboard 10443:443 &

ログイン用のトークン文字列を取得する。

token=$(microk8s kubectl -n kube-system get secret | grep default-token | cut -d " " -f1)
microk8s.kubectl -n kube-system describe secret $token

ウェブブラウザからアクセスする

microk8sを実行しているマシンに対して、ウェブブラウザから https://IPアドレス:ポート番号 でアクセスするとログイン画面が出てくる。
(プロトコルはhttps、ポート番号はport-forwardで指定した10443番などの数字)

トークン文字列はかなり長いので途切れないように気を付けてコピペする。

ログイン出来たらKubernetesの画面が表示される。