新しいマシンを手に入れた

Azure Stack Development Kit (ASDK) の実行環境として、新しいマシンをヤフオク!で落札してきました。

買ったマシン

SuperWorkstation 7047A-T https://www.supermicro.com/products/system/4U/7047/SYS-7047A-T.cfm

落札したときの説明用文章では以下のようなスペックでした。

で、届いた。

ワークステーションモデルとは言え、19インチラックにマウント出来るような筐体。
某PCのロゴが貼り付けられていたw
CPUはXeon E5-2667v2が2基搭載。

メモリモジュールを差し替え。

UEFIブート対応。
知り合いから譲ってもらった 16GBモジュールを16枚搭載した。
memtest86を回すの巻。
1周するのに12時間くらいかかるので、さすがに何周も回すのは諦めた。

ディスクをSSDに入れ替え。

大容量の割に安いのでSamsung SSD 860 QVOを選択。どうせASDKは記憶域スペース機能でソフトウェアRAID(JBOD)になるので単体でのストレージI/O性能はそこまで必要ない。
Supermicroの純正2.5 -> 3.5マウントアダプタ。
タワー型ケースには8本搭載可能。
サードパーティーのマウントアダプタも利用した。

ASDKのインストール

Intel C602チップセット世代のSATAインターフェースは、Windowsの同梱ドライバではサポートされないのでASDK添付のWindows Server 2019では認識されない。そのため、ASDKのCloudBuilder.vhdxでVHDブートした後に手動でドライバを入れてやる必要があった。

ASDKのインストールウィザード。
ASDKのデプロイ画面。
ASDKのデプロイが完了したところ。

新しいマシンの感想

ASDKのデプロイ時間が、これまで使っていたマシンの半分くらいの6時間で終わるようになった。

また、Azure Stack Portalの応答速度が今までよりも体感的にも何倍か早くなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です